【悪用厳禁!】ガチで稼ぎたい人のみ、ご覧ください!

こんにちは、せっきーです!

マーケティングには様々なタイプがあります。

あなたは日常の中でマーケティングを
仕掛けられていることに気付いていますか?

数々の企業が、お客様へブランド認知させ、
商品を購入して頂けるように、様々な
マーケティングを行っています。

なかには、全く意識していないのに、
商品を手に取らせてしまうという

欲望を持たせたり、欲しいと思って、
つい買ってしまうような、

消費者にわざと気付かせない
マーケティング手法も存在します。

今回の記事では、
一般的によく使われており、

人間の心理を動かす、
非常に効果的な

『カリギュラ効果

について説明していきます。

目次

カリギュラ効果ってなに?

カリギュラ効果とは、

禁止されればされるほど
やってみたくなってしまう』


という心理行動学の
法則の1つです。

例えば両親に、

「これを触ったらケガするから、
絶対に触らないでね。」

と言われるときっと触りたくて
たまらない感触になると思います。


昔話で例えると、龍宮城からの
去り際に乙姫から玉手箱を渡された
浦島太郎が、

「この玉手箱は決して開けてはなりません。」

と言われ、自分の家に帰った後に
玉手箱を開けて、おじいちゃんに
なってしまいますよね。

あれは開けるなと禁止させることで
ついつい開けたくなってしまうという、

心理を上手に使って笑いにした
おとぎ話です。

また、直接禁止されていなくても、
メディアでモザイクや『ピー』
いう音など、

映像や発言を一部隠し・・・

『何があるのか?』
『何と言っているのか』

部分的に隠されると気になってしまう、
というのもカリギュラ効果によるものです。

実は身近で意外に目にする『カリギュラ効果』!!

生活の周りでマーケティングに
カリギュラ効果が活用されている
ものが多く存在します。

例えば広告で、

「〇〇な人以外は使用しないで下さい」

といったキャッチコピーを
見たことはありませんか?

ズバリ、あれがカリギュラ効果なのです。

「〇〇な人」をターゲットとし、
「使用しないでください」で言わせることで
禁止させ・・・

気になるキャッチコピーとしているのです。


また、情報を一部だけ隠すことで
興味を煽る方法もあります。

例えば、雑誌に付属している袋とじ。
雑誌の中身を一部隠すことで
つい買って中身が見たくなってしまう、

という心理にさせています。

「この商品を使ってみたレビューはこちら」

というような広告をみて、ついつい気になって
しまったことはありませんか?

結果の部分を隠すことで、

その先にある情報を見たいと思ってしまった
場合、これはカリギュラ効果といえます。

このように禁止したり、制限することで、
興味や関心を引き出す事が、基本的な

カリギュラ効果の活用方法です。

まとめ

カリギュラ効果について
説明しました。
お分かり頂けましたか?

本記事でご紹介させて
頂きましたように、

広告、キャッチコピー、映像、
音声などの手段で

敢えて禁止や制限する言葉を
使用することで、


消費者は

「買ってみようかな?」
「一度試してみようかな?」


という心理になります。

このカリギュラ効果をマーケティングに
上手く活用して、ビジネスの幅を広げてください。


P.S.

公式LINE登録者250名突破!!

僕が全くのゼロスタートから
ビジネスの基礎・マーケティングを
学び、

その過程で得た知識・スキルを
公式LINEで定期配信しています。

ビジネスのみならず・・・

今の現状に何かしらの不満や
不安を感じ、現状を打破したいと
感じているのなら・・

是非、僕の公式LINEを今すぐ
登録して、活用してくださいね!!

↓ ↓ ↓

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

外資系部品メーカー7年目の現在3社目。前職では残業100時間の奴隷 。1年100万円のコンサルを受けながら、ブログ200記事作ったが、収益はたったの『2万円』で撃沈。同業他社へ転職したが、前職よりも職場環境が悪化し、更に撃沈。そして、極めつけは、多額の仮想通貨投資詐欺被害に遭い、借金300万円を抱えて、人生絶望。そこから自らを奮起させ、ネットビジネスの基礎を1から再学習。その結果、5週間で収益化達成。将来は東南アジアへ海外移住。

コメント

コメントする

目次
閉じる