『人生を変えたい」と1度でも思ったら・・・

こんにちは、せっきーです!

「自分自身の人生を変えたい」
思ったことは1度でもありますか?

とはいっても・・・
変わらないから困っている場合が
ほとんどでしょう。

変わらないことに悩み、
実りのない時間が過ぎていく・・・。

それでは

「人生の中で最も大事なことは何?」

このことについて考えたことがありますか?
これに即答できる人はほとんどいないでしょう。

ある種、僕自身に対する戒めの意味も含めて
「人生の中で最も大事なこと」について
お話ししていきましょう!

目次

1、タイムリミットを意識する

僕が人生で最も重要視しているのは

「タイムリミットを意識する」

この一言に尽きます。

あまり考えたくないことかもしれませんが、
人生には必ず終わりが来ます

もっと突っ込んで言うと、始めから
あなたの人生は「タイムリミット」
あるのです。

これは神にも仏にも祈ろうが、何かに抗おうが、
確実に覆すことのできない事実です。

僕もあなたも含め、日本のみならず、世界中の人々は
この事実から極力、目を背けて生きています。

それは致し方ないことです。

「タイムリミット」は”いつ”訪れるのか。

「タイムリミット」は”どこで”訪れるのか。

「タイムリミット」は”どんな形で”訪れるのか。


誰しもが分からないことを意識しろと言われても、
不安で毎日の生活が押し潰されてしまうことでしょう。

また、衣食住がきちんと保証されている日本では、
「タイムリミット」があることは分かっていても、
それほど意識しないで生活できます。

漠然と「いつか」訪れる
「タイムリミット」を
待ち続けるだけです。

ではなぜ・・・

「タイムリミットを意識すること」

が大事なのでしょうか。

「特に意識しなくても生きていけるから、
いいじゃない・・・」

・・・・・・

実はこの考え、とても
恐ろしいことなのです。

例えでお話ししていきましょう。
あなたは今21歳だとしましょう。

「違います!!」

そういう設定で考えてください。

これまでの人生を振り返ってみれば、
21年間両親や小中高の先生や友達、

全ての人が言ったことに対して
正直に従って生きています。

偏差値の高い高校に行けと言われ
やりたくもない受験のための勉強・・・

知名度の高い大学を出ろと言われて
またまた受験勉強で削られ・・・

今度は大企業に就職して安定した収入を
得ろと言われ、やりたくもない就活に
向けて準備をする。

両親も教授が言っている
友達もやっているから・・・

そのようにした方がいいのかと。

勿論、素直であることは
とっても良い事です。

しかし、間違った使い方をすると
とっても悲惨な結果が待っています。

就活も無事に終わり、超一流の大手企業に
就職できたとしましょう。

両親は最大限に褒めちぎってくれるかもしれません。
友達と同じように就職できて安心できるでしょう。

ここでしっかりと気付いて
おかなければならない事は、

両親や周りは当然のこと、
会社でさえも、あなたの面倒をずっと
見ることは確実にあり得ません。

2、定年を基準に考えてみる

定年を基準に考えてみれば、年齢は65歳。

最近の定年制度変更の流れを頭に入れれば、
70歳くらいになっている事でしょう。

それと同時に、日本人の平均寿命も100歳が
当たり前になってくる時代がやってきます。

70歳で定年退職し、その後に残された、
30年間のセカンドライフ。

あなたは愕然とすることでしょう。

「僕はこれから何をして
生きていけばいいんだ!!」


今までなら・・・
小学校・中学校・高校・大学・会社

両親に言われたことや
周りに合わせていたら
「生きて」これました。

しかし会社から離脱してしまうと、
そのままの「あなた」という個が
外に放り出されてしまうのです。

もちろんこの間に何かしらの
ビッグイベントはあるかもしれません。

結婚、出産、子育て・・・

好きな異性と結婚したのなら・・・

このような喜びもあるでしょう。

でも、それであなたは・・・

自分自身の人生を心から満たされていると
いうことを声を大にして言えますか?

現実問題、僕自身は厳しいと考えます。

なぜなら、満員電車で「すし詰め」に
されているサラリーマンの顔を
振り返ってみてください。

就職後、どのような事が待っているか、
わからなくとも、本当に幸せであれば、
あのような顔はきっとしないばずです。

そして、このように感じることでしょう。

「どうしてこうなった」と・・・

人はこのような時に・・・

「人生を変えたい」

と思います。

現状の変わることのない状況を打破し、
新たな過ごし方を創りたい・・・

しかしながら、大抵の方はできません。

それはなぜか?

「自らの人生にタイムリミットが
あることを意識しない」


からです。

3、人生を変えるには

繰り返しお伝えしますが、
あなたの人生は有限で・・・

他の誰にも変えられることが
できることでもありません。

いわば、あなたにとって
あなたの人生は一番価値が
高いものです。

それがどこか

「タイムリミットがないもの」と・・・

錯覚し、日々を過ごしてしまうと、

自らの人生、そして今という時間の価値の
認識がどんどん下がっていくのです。

だからほとんどの人が、
人生を「変えようと」しない。

人生は「変わる」ものではありません。

自分自身の力で「変えるもの」です。

現状維持のまま、生きていけてるから
「変えなくていい」と考える。

周りも自分と同じ生き方をしているから
「変わらなくていい。」と考える。

自分自身の価値を安売りしているから
「変わらなくていい」と考える。

これを読んでいて
「何を言っているんだ」
と思いますか?

この生き方が世間の一般常識として
薦めているのです。

このような考えほど、
人を馬鹿にした話はありません。

あなたの人生はあなただけのものです!

他の誰に奪われるものではなく、
かけがえのないものです!

僕がこの事に気付き、そしてこの道を
選択したのはズバリ、

「人生のタイムリミット」

を意識したからです。

「タイムリミットがあるからこそ
自らの人生に価値がある。」

「価値のある人生を無駄にはできない。」

「満員電車のサラリーマンのような疲れた顔をして
過ごす人生は送りたくない。」

僕がネットビジネスという、
第一印象が「怪しい」かつ

よくわからない道を選択したのは・・・

このような事が理由でした。

『因果応報』という言葉があります。

大抵は悪い意味で使われることが多いですが、
本来はいい意味でも使われます。

意味は「原因によって生じた結果や報い」です。

わかりやすくいうと、
「結果には原因がある」
ということですね。

すなわち、

「人生を変えるという結果」を
得るためには、


必ずそれに対する「原因」を
生じさせなければなりません。


その原因を誰かが持ってきてくれません。
あなた自身が作り出さなければなりません。

すなわち、あなた自身が「行動すること」です。

「行動をおこした」という原因を作って
おけば・・・

あなたの人生に「変化」という形で
結果がもたらされるのです。

行動するのが怖い?

それはまだ自分自身の人生の価値に
気づいていない裏返しです。

それに気付いてもらうために
「人生にはタイムリミットがある」
という問いかけを最初にしたのです。

失敗する事こそが、成功の近道です。

成功している人間は、今までたくさんの
失敗を重ねてきています。

動き続ける、「原因」を作り続ければ
必ずあなたの人生は変わります。

あまり深く考えなくてもいいんです。

考える事は原因を作れないですが、
行動することで原因は作れます。

とにかく動いて「原因」を
たくさん生み出しましょう。

まとめ

人生で最も重要なことは
「タイムリミット」を
意識しておくことです。


「タイムリミット」を見据えて
いれば決断が鈍ることはありません。


悩んでいる事こそが勿体ないからです。

限られた人生、限られた時間の中で
「悩む」
という意味のないことをするより・・・

すぐに動いてしまったほうがいいのです。

駄目であれば別の方法でやればいい。

「人生を変える」という「結果」を得るには、
「とにかく動く」という「原因」を作り続けること。

意外にも些細な事から変わっていったりするものです。


P.S.

公式LINE登録者数250名突破!

僕が全くのゼロスタートから
ビジネスの基礎・マーケティングを
学び、

その過程で得た知識・スキルを
公式LINEで定期配信しています。

今の現状に何かしらの不満や
不安を感じ、現状を打破したいと
思っているのなら・・

是非、僕の公式LINEを今すぐ
登録して、活用してくださいね!!

↓ ↓ ↓

友だち追加

※個人情報はこちらからは
分からないようになっているので
安心して登録していただけます。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

外資系部品メーカー7年目の現在3社目。前職では残業100時間の奴隷 。1年100万円のコンサルを受けながら、ブログ200記事作ったが、収益はたったの『2万円』で撃沈。同業他社へ転職したが、前職よりも職場環境が悪化し、更に撃沈。そして、極めつけは、多額の仮想通貨投資詐欺被害に遭い、借金300万円を抱えて、人生絶望。そこから自らを奮起させ、ネットビジネスの基礎を1から再学習。その結果、5週間で収益化達成。将来は東南アジアへ海外移住。

コメント

コメントする

目次
閉じる